れいるのおと

旅、鉄道、飛行機、ひとり言。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

【元フレッシュひたち】E653系 特急しらゆきの乗車記

JR東日本えちごトキめき鉄道が運行する特急しらゆき。普通車の乗車記。

FullSizeRender

JR新潟駅からえちごトキメキ鉄道の新井駅までを結ぶ特急しらゆき。
新潟から北陸新幹線 上越妙高駅へ接続できる特急として、新幹線が開業した2015年3月に運転が始まった列車である。


先代は快速くびき野。485系の置き換えとともに特急に格上げした形になった。
また、このE653系は、常磐線特急フレッシュひたちで活躍していた車両。4両編成が改造され、こちらに転用されている。

4両とは、くびき野当時の6両から比べて短い。また、座席はオールモノクラスだ。
1日4往復と本数が多くないのだけど、上越と新潟を結ぶ重要な列車と位置付けられている。


FullSizeRender
FullSizeRender

♢車内データ(2024年現在)
座席:2+2配置
シートピッチ:910mm
快適装備:リクライニング・座面スライド
テーブル:座面裏にあり
コンセント:無
車内販売:無

 

 

座席はひたち号当時のまま、モケットのみ変わっている。
ひたち時代のブルーの座席から、北陸カラーの赤い座席になった。E7系W7系の普通車のカラーに合わせたらしい。指定席、自由席ともこの座席。


停車駅が多い大量輸送用として登場したE653系グリーン車がないし、シートピッチも狭いのは、ひたち時代から変わっていない。
座席は背面が少し沿っており、軽くリクライニングをするとちょうど良い印象。加えて、座席下にも足が伸ばせることもあってか、不思議とそれほど窮屈さは感じられなかった。
座り心地は悪くないけど...よく揺れます。まだ若い車両とはいえ元は97年の特急車、仕方ないか...。

また、座面スライド機構も現役だった。
リクライニングとは別に座面が動くというもので、400系新幹線で試験的に導入、以降2000年頃の車両でよく見られたやつだ。個人的にはなかなか好き(笑)。


FullSizeRender
FullSizeRender

座面裏は航空機のような雰囲気。立体的な張り出しが抑えられている。狭い印象を受けなかったのは、張り出しがないのも理由かもしれない。

窓の周りも、ひたち時代から変わらないよう。ブラインドも昔のまま。ちょっと手抜きのような...?


FullSizeRender

E653系といえば、デッキとの仕切りのガラス扉。このロゴマークは、ひたち時代から貼られているものだ。
豊富なバリエーションで、過去も含めると現在計11色になるE653系。ブランドロゴとして残されてるのかもしれない。久しぶりにお目にかかれました。



 




IMG_3086

今回乗ったのは、しらゆき8号新井行き。最終の上りしらゆき号だ。

この列車、新井到着後は直江津まで持っていくのだけど、今年春からは「おかえり信越3号」として乗車券だけで乗れる列車で走っている。公式でタダ乗りできちゃう列車なので、興味ある方はぜひ。
せっかく来たから乗ってみても良かったのだけど、眠かったのでしらゆきを降りてホテルへ。眠りについたのでした笑。

 

 

[rakuten:jism:13316344:detail]